はじめての在宅ワークって、どれにしたらいいのか迷いますよね。

 

特別なスキルや資格を持っていない場合、一番に思いつく仕事と言ったら、「袋詰めの内職」ではないでしょうか?

 

事実、「誰でもできて簡単」なイメージもありますし、仕事を選ばなければ、求人もそこそこあります。

 

ですが、「実際に稼げるか?」が気になるところですよね。

 

この記事では、

  • 袋詰め内職の種類と相場
  • 私自身の袋詰め体験談

をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

袋詰め在宅ワークの種類と報酬相場

 

袋詰めの求人をざっと調べてみると、これだけたくさんの種類がありました。

 

  • 通販商品の梱包と発送(アマゾン、楽天など)
  • 百均の商品の袋詰め
  • 石鹸やスポンジなど日用品の包装
  • チラシを透明袋に入れてのDM作成
  • お菓子の詰め合わせづくり
  • ポスターを丸めて袋に入れる
  • ガチャポンのおもちゃ詰め

 

ほんの5分の調査でこんなに出てきたので、世の中にはもっとマイナーで面白い袋詰め作業が存在することでしょう(笑)

報酬額の相場は、仕事内容によってマチマチで、ざっとまとめるとこんな感じになります。

 

  相場 時給
商品の梱包と発送 150円~200円/件

不明。

1つに1時間はかかる可能性大

色鉛筆の袋詰め 1袋2.5円 1つ40秒で時給225円
DMチラシの袋詰め 1セット5円 1分1セットで時給300円
カプセル玩具詰め 1個3円 1個30秒で時給360円
 

 

 

上記の表は、ネットで調べた結果ですが、時給で考えると結構厳しいですよね。

 

基本、袋詰め作業は「お客様に届くもの」を扱うため、丁寧に作業しなくてはならず、あまりスピードが出ません。

 

神経も結構使います。

 

とくに、よく募集が出ている「商品梱包と発送」の仕事は、一件あたりに費やす時間がかかります。

 

私自身も、古本をネットで販売していたことがありますが、梱包にはかなり気を使いました。

 

たった70円の売り上げのために、梱包と発送作業だけで1時間以上かかることも。

 

「誰でもできる仕事」というのは「誰もがやりたい仕事」。

 

そのため、単価が低いという問題点があります。

 

 

私の袋詰め体験談!役場で紹介された内職をしたら・・・

 

実は、私には袋詰めの内職をした経験があります。

 

当時、長男が0歳7か月。

 

ちょっと子供に手が離れてきたし、切実にお金が欲しい状況でもあったので、市役所の内職紹介システムに登録したんですね。

スポンサーリンク

そして、「お掃除用スポンジの袋詰め」をすることになりました。

 

よく100均とかでみかける「消しゴム君スポンジ」です(笑)

 

さっそく工場にいくと、

 

  • 商品のスポンジが詰め込まれた段ボール
  • 包装袋
  • セロハンテープ

 

を渡さました。

 

商品の運搬は作業者がするシステムだったので、車に乗せられるだけ積んで、家に持ち帰ったんです。

 

 

「これでお小遣い稼ぎしてやるぜ♪」

と意気揚々と家に帰るまではよかったんですが・・・

 

いくつかの困難が待ち受けてました。

 

 

まず困ったのは、作業スペースです。

 

高さ1mの段ボールを置けるスペースなんてなくて、とりあえず寝室の隅っこに置いておくことにしました。

 

けれど、それでも寝室の三分の一のスペースをとってしまい、仕事から帰ってきた夫に怒られるという事態に。。。

 

 

次に困ったのは、作業時間でした。

 

いざ仕事をしようとすると、まとまった時間がなかなか取れません。

 

子どもが起きている間に作業をしようとすると、イタズラする危険があったので、お昼寝中や夜寝てる間に作業をするように。

 

睡眠時間が削られて、ちょっとグロッキーになりました。

 

 

2週間、毎日2時間くらいやって、1mの段ボール5箱分がやっと出来上がりました。

 

はじめての在宅ワークの達成感は半端なかったです。

 

すっごく嬉しくて、「できましたよ!!」とウキウキしながら持って行ったのを覚えています。

 

 

そして・・・

はじめてのお給料をもらえることになったんです。

 

「いくらもらえるんだろう!?」

「5000円くらいもらえたら嬉しいなぁ~」

 

なんてことを思っていたら・・・たったの514円(笑)

 

 

内職の相場なんて全く知らなかったので、めちゃくちゃビックリしましたね。。。

 

「何のとりえもない凡人が、在宅で稼ぐって難しい!」という現実を思い知らされた瞬間です。

 

すぐに辞めました。

 

その後しばらく、在宅ワークは諦めて、外に働きに出ることを考えるようになるくらい、当時のショックは大きかったです。

 

でもまぁ紆余曲折あって、最終的に在宅ワークという道に戻ってくるんですが^^;

 

この件で、「誰でもできる仕事で稼げるほど、世の中は甘くない!」ということを思い知りました。

スポンサーリンク

結論:袋詰めの在宅ワークは稼げない!でも単純作業が好きな人にはオススメ

 

結論として、袋詰めの内職は稼げません。

 

要領よくやったとしても、時給100円~200円がよいところでしょう。

 

けれど、「稼ぐことが目的ではない」ならオススメします。

 

単純作業が好きな人や、手先が器用な人にとっては、とっても楽しい作業だと思いますよ。

 

求人はクラウドワークスやタウンワークで出ていることが多いので、募集を見つけたら応募してみてください。

 

私のように、役場で紹介システムがあるなら利用するのも手です。

 

 

ちなみに私の場合は、

 

 

在宅ワークで失敗する

⇒外に働きに出る道を模索する

⇒子持ちが歓迎されない現実を知る

⇒やっぱり自宅で働く道を選択

 

 

という流れで、今は【ブロガー】をやってます。

 

 

一度は外に働きに出ましたが、やっぱり子供がいると思うように働けませんでした^^;

 

子供を優先するのは間違ってないはずなのに、職場の目は冷たいという・・・

 

「母親が働く」って、本当に難しいことなんだと思い知らされましたね。

 

 

で、在宅でライター業を始めるものの、こちらも納期と修正に追われて家庭が崩壊しかけ・・・

 

今はブロガーをやってます。

 

 

ブロガーっていっても、サイトに広告を張って、そこから収入を得ています。

 

なので、ある意味、在宅ワークなのかぁ・・・?

 

 

まだまだ収入は低いし、「書いても書いても収入が上がらない期間」は本当に辛いですが、将来は明るいと思ってます。

 

だって、ブログで稼ぐ方法を身に付けたら、「好きな時間に、好きなこと書いてお金がもらえる」わけですからね。

 

それを夢見て、頑張りたいと思います。

 

 

自分に合った在宅ワークを見つけるのは大変ですが、「コレだ!」というのが見つかるといいですね!

 

お互い、「おうち稼ぎ」頑張りましょう^^