在宅ライターとしてデビューするなら、トラブルなく安全に働けるところがいいですよね。

 

残念なことに、

 

ライター募集サイトの中には「在宅ライターになりたい人を狙った詐欺」も交じっていたりします。

 

もちろん、健全なサイトの方が多いですし、詐欺サイトはごく一部。

 

でも万が一のことを考えると、詐欺サイトの知識を持っておいた方がいいかもしれません。

 

実際、

 

「まさか自分が被害に合うと思ってなかった」

 

という人が多いようです。

 

ここでは、「詐欺サイトの特長と対策」から「初心者向けの募集サイト」までをお伝えします。

 

こんな募集サイトは注意!詐欺の特徴6つ

被害にあった人たちの話によると、詐欺サイトには次の6つの特徴があるようです。

 

【詐欺の特徴1】仕事するためにお金を払う!?

 

「ライター登録料が必要です」

「有料の研修を受けてください」

 

と、“仕事をするため”にお金を払わされるのは、詐欺の可能性が非常に高いです。

 

大手の求人サイトでは登録料は無料。

 

私自身、添削や指導があったからといってお金を請求されたことは一度もありません!

 

むしろ、ちゃんとした依頼主さんなら、仕事のやり方を無料で教えてくれるものです。

 

初期費用がかかると言われたら、間違いなく詐欺だと思ってください!

 

【詐欺の特徴2】初めて書いた原稿なのにめちゃくちゃ褒められる!?

 

初心者なのに原稿が褒められたりしたら、なにか裏があると思った方がよいでしょう。

 

「あなたには才能があります!プロデビューしましょう!」

 

と持ちかけられて、プロになるための育成料や宣伝費用を払わされた挙句・・・

 

実力不足を理由にデビューさせてもらえることはなく、連絡が途絶えてしまう。。。

 

そんな詐欺もあるようです。

 

「甘い言葉には裏がある」と覚えておきましょう。

 

【詐欺の特徴3】採用前なのにやたら個人情報を聞いてくる

 

「個人情報を盗み取る」ことを目的にしたライター募集サイトもあります。

 

大手の募集サイトでも登録時に名前やメールアドレスを登録しますが、

詐欺サイトでは「住所」や「得意ジャンル」も登録させられます。

 

採用後なら聞かれることもありますが、採用されてないのに細かい情報を聞き出してくるときは要注意です。

 

採用するかどうかを検討するだけなら名前と連絡先さえわかれば十分なはず。

 

もし、在宅ライター応募のときに細かく個人情報を聞かれたら、送信しないようにしましょう。

 

【詐欺の特徴4】むちゃくちゃな依頼をしてくる!?

 

急にむちゃくちゃな依頼をして、「できないならキャンセル料が必要」と大金を請求する悪徳業者もあるようです。

 

手口は、

 

はじめに何件か仕事をやって安心させた後、いきなり無理難題を押し付けてくるというもの。

 

真面目な人だと、言われた金額を払ってしまうそうです。

 

順調に仕事のやりとりができていたのに、急に手のひらを返したようにむちゃくちゃなことを言って来たら、詐欺だと思いましょう。

 

【詐欺の特徴5】原稿料が支払われない

 

「一生懸命書いたのに、原稿料が振り込まれない・・・」

 

そんなケースもあるそうです。

 

問い合わせしようにも、メールも電話も連絡が取れなくなってるんだとか。

 

残念ながら、この場合は泣き寝入りするしかありません。

 

慎重に仕事先を見極めたいのであれば、はじめは納品する原稿の数を少なくするようにしましょう。

 

お金が振り込まれるかどうかを確認してから仕事量を増やしていくのとよいですよ。

 

【詐欺の特徴6】「コピペするだけ簡単!」という謳い文句

 

「コピペするだけ!」は、詐欺のニオイがプンプンしますよね?(笑)

 

でも実際に引っかかってしまう人もいるんだとか。

 

こういうサイトに応募すると、コピペ用のツールを買わされたり、マニュアルを買わされたりするようです。

 

 

余談ですが、

 

在宅ライターは基本「コピペはNG」です。

 

それをしたら即クビになってしまうほど、やってはいけないことなのです。

 

「コピペ」という言葉が出てきた時点で詐欺だと思うようにしましょう。

 

 

詐欺に合わないために!チェックすべきポイントと対策

 

「詐欺サイトには引っかからない!」

 

そう思っていても、実際には手口が巧妙でなかなか見抜けないのが困ったところ。

 

以下に、「募集サイトでチェックすべきポイント」と「被害に合わないための対策」をまとめました。

 

これで【在宅ライターになりたい人を狙った詐欺】なんかに引っかからないでくださいね★

 

その報酬は妥当?初心者ライターの相場を知る

 

詐欺サイトの共通点は、「初心者ではありえない高報酬を提示している」こと。

 

詐欺の被害に合わないためには、「初心者ライターの報酬を知ること」が一番です。

 

初心者ライターの報酬相場は、だいたい・・・

 

  • 1文字0.2~0.5円
  • 1000文字の記事で200円~400円
  • 200文字程度の口コミで50円~200円

 

「安いっ!」と感じたかもしれませんが、これが現実です。

 

この相場よりも高い報酬を提示しているサイトは詐欺だと疑うようにしましょう。

 

被害者はいない?サイトの名前や会社名で検索してみよう!

 

もし詐欺サイトなら、すでに被害者がいるはずです。

 

サイトの名前や会社名を検索すれば、詐欺かどうかが簡単にわかります。

 

ライター登録前には必ず検索して、安全なサイトかどうかを調べましょう。

 

少しでも怪しいと感じたらやめる

健全なライター募集サイトでは、サポートが手厚く丁寧なところが多いです。

 

もし!

 

対応に適当さを感じたり、

やりとりのメールが「機械的な文面」だと感じた場合は・・・

 

詐欺の可能性が高いです。

 

また、「怪しいかもしれない」と思うことがあったら、採用を辞退するのも1つの手です。

 

募集サイトはたくさんありますから、ドンドン次に行くという考え方も大事ですよ。

 

もし請求されたら?絶対に払わない

 

もし、むちゃくちゃな理由でお金を請求されることがあったとしても、絶対に払ってはいけません。

 

一度払ってしまうと回収するのが大変です。

 

脅されたりすると、恐怖のあまり払ってしまいたくなるかもしれませんが、そこはグッと我慢。

 

詐欺師は脅しても何もしてこないことがほとんどですから、冷静に対応しましょう!

困ったら消費者生活センターに電話するという手があります。

 

1人で抱え込まずに相談するようにしましょう。

 

また、

 

「これって詐欺?」と疑わしいことがあったら電話して相談してみるのもよい手です。

 

 

まずはここから!初心者向けの募集サイトは?

 

安心してライターデビューするために、優良サイトの情報も知っておきたいですよね?^^

 

「詐欺に合う心配がない」という点でいうなら、『サグーワークス 』や『Sinobiライティング』などの大手のライター募集サイトがオススメです。

 

これらのサイトは、運営会社が依頼主を審査しています。

 

悪徳業者が紛れ込むことがないんですね。

 

依頼主とのやりとりも運営会社がしてくれるので、原稿料がもらえないという心配もなし。

 

報酬は安いですが、初心者向けの仕事も充実しているし、時間があるときに好きな案件を選んで仕事すればいいので、初心者の腕試しにはもってこいのサイトなんです。

 

安全にライターデビューしたいなら、『サグーワークス 』や『Sinobiライティング』をおすすめします!

 

 

「未経験でも稼げる」は詐欺!稼げるようになるまではコツコツやる気持ちで

 

仕事先を探すときには、「在宅ライターを狙った詐欺」に注意が必要です。

 

詐欺の募集サイトを見分けるのに1番のポイントは、「初心者にはありえない高報酬を提示している」こと。

 

どんな業界でも言えることですが、初心者がいきなり稼ぐことは不可能なんですね^^;

 

もし、「未経験・初心者でも稼げる!」なんて書いてあるサイトがあったら詐欺と疑うようにしましょう。

 

コツコツ努力をすること。

 

当たり前のことだけど、やっぱりこれが【在宅ライターで稼ぐ】秘訣です!

 

合わせて読みたい