在宅ワークで人気のクラウドワークス。

 

「登録したはいいものの、どの仕事をしていいのかわからないっ!!」

 

そんな人が多いようですね。

 

かくゆう私も、ライター初心者時代にクラウドワークスに登録したものの

 

 

ナズナナズナ

えっ?どれも難しそうで、私何もできそうにないんですけど・・・><;

 

と困惑したことがあります。

 

・・・というか、

 

「自分にはライターなんて無理なんだっ!!」と思い込み、登録したまま放置してました。

 

探せばいくらでも、【超初心者向け】の案件なんてあったんですけどね^^;

 

この記事では、「ライター初挑戦の人におすすめ!クラウドワークス案件の見つけ方」をお伝えしていきたいと思います。

 

 

ライター初心者におすすめ!クラウドワークスで簡単・安心な案件の見つけ方

 

クラウドワークスの案件は、大まかに次の5つに分かれます。

 

  1. プロ向け
  2. 経験不問
  3. コンペ
  4. タスク
  5. 特急ボーナス

 

たいていは「経験不問」を選んでしまいがちですが、「経験不問」案件は意外とレベルが高い上に、中長期の仕事も含まれます。

 

執筆テストがある場合がほとんどですし、「試しにライターやってみたい!」って言う人には不向きなんですね。

 

なので!

 

初心者こそ、単発案件で簡単な「タスク」を選びましょう。

 

 

 

ライター初挑戦でも簡単!タスク案件の探し方4ステップ

 

タスク案件の見つけ方はちょっとややこしいので、説明しますね。

 

私、わからなくて困ったんでww

 

【ステップ1】マイページ下部のメニューより「仕事を探す」をクリック

 

クラウドワークスのマイページにログインしたら、ページ下のメニューから、

 

「メインメニュー」⇒「仕事を探す」

 

をクリックします。

 

 

 

【ステップ2】「タスク」タブを選択

 

「タスク」のタブを選択します。

 

 

この時点で、単発案件がズラーッと出てきます。

 

興味のある案件があればやってみてもいいかもしれませんが、「ライター案件」を抽出するには、もう1ステップ必要です。

 

【ステップ3】ライター案件を検索

 

ライター案件を検索します。

 

 

検索タブに打ち込むのは、

 

  • 文章
  • ブログ記事
  • 文字入力

 

など、なんでもいいです。

 

個人的には「文章」の方が、初心者向けの案件が出やすいと思います。

 

 

↑こんな風に、【文章の単発案件】が出てきます。

 

この記事を書いているときには、514件の仕事が見つかりました。

 

 

【ステップ4】難易度を確かめて仕事にとりかかる

 

気になる仕事があればすぐに応募してもOKですが、難易度チェックもしておくと安心です。

 

たとえば、この仕事の場合↓

 

 

 

「作業目安時間」が短いほど、短時間で簡単にできる仕事だとわかります↓

 

 

とくに初心者の場合は、報酬額よりも簡単さを重視して仕事を選んだ方が賢明です。

 

報酬が高い仕事ほど難しく、非承認になることもありますからね^^;

 

 

「募集数と応募数」についてもチェックが必要です↓

 

 

この仕事の場合、募集が10件に対して、応募が9件。

 

あと一人が仕事をしたら案件終了だとわかります。

 

タスクは早い者勝ちなので、

 

「自分が書いているうちに枠が埋まって応募できくなる・・・」

 

なんてこともあり得ます。

 

確実に応募したいのであれば、応募枠がまだ十分に残っているものを選ぶとよいでしょう。

 

 

また、案件をクリックすれば、仕事のやり方の詳細を確認することができます。

 

「こんな構成で書いてくださいね~」

「この質問に対して500文字で書いてくださいね~」

 

などの案件詳細を見て、「今の自分にできる仕事か?」を確認しましょう。

 

 

  • 作業目安時間
  • 募集数と応募数
  • 作業内容の詳細

 

の3点で難易度チェックをしてから作業開始すると安心ですよ♪

 

 

 

 

もし、応募した仕事ができなかったら?そんなときも安心のタスク

 

「せっかく応募した仕事ができなかったらどうしよう・・・?」

 

そんな不安があっても、タスク案件なら大丈夫です。

 

執筆画面に表示される「作業制限時間」の間に投稿出来なければ、他の人が代わりに仕事をやってくれます。

 

 

ペナルティーもないので、お試しにはもってこいです。

 

 

制限時間内に書き終わらなかった場合は、すぐに再応募すれば大丈夫!

 

制限時間まじかになったら、文章をメモ帳にコピーするなどして保存しておきましょう。

 

時間差で他の人に枠を取られていなければ、何度でも再挑戦できますよ^^

 

 

クラウドワークス初心者が狙う仕事はタスク!おすすめは簡単なものから始めてレベルUP

 

まとめです。

 

 

クラウドワークス初心者さんが狙うべき仕事は「タスク」。

 

  • 作業目安時間
  • 募集数と応募数
  • 作業内容の詳細

 

で難易度をチェックして、「今の自分にできる仕事」を確実に取りに行きましょう。

 

 

まずはカンタンな案件から!

 

ライターデビューの一歩を踏み出してくださいね。