ただブログを書いても、稼げるわけではありません。

 

稼ぐためには以下の2つが要素が必要です。

 

  1. アクセスを集める
  2. 収入が入る仕組みを作る

 

この記事では、「アクセスを集めるブログの書き方」についてお伝えしていきます。

 

これを知らないがために、

 

「記事を書いても書いても、アクセスが来ないっ!!」

 

と、嘆いているブロガーも多いです。

 

めっちゃ重要なことなので、ぜひ最後まで読んでください^^

 

 

アクセスが集まる記事ってどんな記事なのか?

 

まず、「アクセスが集まる記事ってどんな記事なのか?」を考えてみましょう。

 

アクセスが集まる記事とは、言うなれば、【訪問者がむさぼるように読んでくれる記事】のことです。

 

ページに訪れた人の滞在時間が長ければ長いほど、検索エンジンは記事を高く評価して、よりアクセスが集まるように優遇してくれるからです。

 

では、

 

読者がむさぼるように読んでくれる記事って、どんな記事でしょうか??

 

これは、少し時間をとって、考えてみましょう。

 

自分で考えた方が、このあとの話がスッと頭に入るので。

 

『普段、あなたがどんなブログを読んでいるのか?』を思い出すと、わかるかもしれません。

 

 

ちゃんと考えましたか?(笑)

 

無駄に余白をとっても意味がないので、パパっと答えを言ってしまうと・・・

 

アクセスが集まるブログとは、

【読者の疑問に的確に答えているブログ】です。

 

読者の疑問に的確に答える記事とは?

 

あなたがスマホやパソコンで検索するときのことを思い出してください。

 

検索窓には、「そのときに困っていること」または「そのときに知りたいこと」を打ち込むのではないでしょうか?

 

たとえば、

 

「目 できもの 痛い」とか、

「チンゲン菜 レシピ」とか、

「香典 いくら」とか。

 

その時に知りたいことを検索窓に打ち込みますよね。

 

で、疑問への答えを求めているワケです。

 

たとえば。

 

あなたは、3日前から目に違和感を感じていたとしましょう。

 

瞼を空けたり閉じたりするたびに、何か違和感を感じていました。

 

昨日からは痛みも。

 

しかも、どんどん痛みが強くなっています。

 

今日は我慢できないくらい痛くなり、鏡で目を見てみたら・・・なんと目ん玉に、白い“できもの”がっ!!!

 

「ギャー―!!」ってなりますよね。

 

そして、急いでスマホで「目 できもの 痛い」で検索したとします。

 

そのときに、こんな記事が出てきたらどうでしょう?↓

 

一昨日から目が痛くて、鏡を見てみたら目ん玉にできものがっ!

とりあえず医者に行ってみた。

待ち時間が長くてイライラしたけど、目薬もらって帰ってきたよ。

 

「私と同じ症状の人がいたっ!!」って、ちょっと安心するけど、求めていた答えとはちょっと違いませんか?

 

できれば、以下の情報が欲しいと思いませんか?

 

  • 目に白いできものができる病気とは?
  • どうやって治すのか?
  • 失明したりしない?視力に影響はない?
  • 今スグ病院に行くべき?放っておいたらダメ?

 

こんな風に、読者は自分が求める答えを知りたくて検索をします。

 

検索窓に打ち込んだのは「目 できもの 痛い」の3語だけれども、その裏には知りたいことがたくさんあるんです。

 

この“読者の疑問”に丁寧に答えるようにブログを書けば・・・

 

読者がむさぼるように読んでくれるようになり、検索エンジンから高い評価を受け、よりアクセスが集まるようになります。

 

 

読者の疑問に的確に答えるためには、どうすればいいのか?

 

読者の疑問に的確に答える記事を書けば、アクセスはウナギ登りに上がっていきます。

 

がっ!!

 

『読者の疑問に的確に答える』は、意外と難しかったりします。

 

さっきの「目 できもの 痛い」の例でも、検索に打ち込んだのはたったの3語。

 

にも拘わらず、ざっと上げるだけでも、以下の4つの疑問が隠れているわけです。

 

  • 目に白いできものができる病気とは?
  • どうやって治すのか?
  • 失明したりしない?視力に影響はない?
  • 今スグ病院に行くべき?放っておいたらダメ?

 

どうやって、この”隠れた疑問”を探すのか・・・?

 

ぶっちゃけて言うと、これは想像力を鍛えるしかありません。

 

だって、読者自身も「目 できもの 痛い」で検索しているときは、【自分が何を知りたいのか言葉にできない状態】ですから。

 

ただただ不安で、目のできものが怖いものでないのか知りたい。少しでも早く安心したい。

 

そう思って検索しているだけです。

 

なので!

 

読者の疑問は、想像をするしかありません。

 

でも、フツーの人は想像力が乏しい。。。

 

ブログで稼ぐためには、想像力を鍛える必要があります。

 

では、どうすれば想像力を鍛えらえるのでしょうか??

 

方法は、以下の2つがあります。

 

  1. 自分をよく観察する
  2. ヤフー知恵袋を読む

 

【想像力の鍛え方1】自分を観察する

 

一番簡単な方法は、「自分を観察する」ことです。

 

スマホやパソコンで、あなたはどんな単語を検索窓に打ち込んでいますか?

 

どんな記事を読んだら、満足しそうですか?

 

むさぼるように読んだ記事には、どんなことが書かれていましたか?

 

これを、自分自身で観察するようにしてください。

 

メモにとってもいいし、意識するだけでもかまいません。

 

それだけで、想像力は鍛えられていきます。

 

自分がネットで調べた内容をブログにするのもよいでしょう。

 

自分自身の体験から、すでに【読者の疑問】がわかっている状態なので、アクセスが集まる記事が書けるはずですよ♪

 

【想像力の鍛え方2】知恵袋を読む

 

他人の観察をするのもよい方法です。

 

ヤフー知恵袋や、goo知恵袋は、【人の疑問】が集まってきます。

 

知恵袋のような場所では、質問者は的確な答えを得るために、”具体的な質問”をすることが多いです。

 

たとえば、例に挙げている「目のできもの」については、こんな質問がありました↓

 

目の中のできものが痛いです

昨夜、目がすごく痛くなりました。

気にせず寝たら、目の中(上まぶたのふち) ちょうどまつげの下あたりに小さな白いできものができました。

よく、目の周りにできる脂肪みたいな大きさです(-。-;

何かの病気でしょうか?
放っておけば治りますか??

 

yahoo知恵袋より引用

 

読者が知りたいことが、見事に言葉になっていますよね?

 

ぶっちゃけ、知恵袋で見つけた疑問に対して答えるだけでも、アクセスが集まる記事が書けちゃいます。

 

 

こんな風に、【自分の観察】と【知恵袋で人の観察】を続けていくことで、想像力がどんどん磨かれていくのです。

 

 

結論:アクセスを集めたいなら【読者の疑問に的確に答える】ようにしよう

 

まとめます。

 

ブログにアクセスを集めたいなら、【読者の疑問に的確に答える】記事を書くことが大切です。

 

訪問者がページを見たときに「そうそう!この情報が欲しかったのよ!」と思ってもらえれば、ページの滞在時間が増えます。

 

滞在時間が増えれば、検索エンジンは「これはいい記事だ!」と判断して、もっとアクセスが増えるように優遇(検索したときに表示される)してくれます。

 

ただし。

 

【読者の疑問に的確に答える】記事を書くには、想像力が必須です。

 

想像力を鍛えるには、以下の2つが効果的です。

 

  1. 検索時の自分の行動を観察する
  2. 知恵袋で人の知りたいことを調べる

 

正直に言えば、このスキルは簡単につくものではありません。

 

でも、できない人が多い分、少しでもできるようになれば、大きな武器になります。

 

毎日コツコツと練習してほしいなぁ~と思います。

 

といっても、そう気張る必要はありませんよ!

 

『頭の片隅で意識するだけ』でも、記事の内容が変わってきます。

 

アクセス数も上がっていくでしょう♪

 

【読者の疑問に的確に答える】

 

ぜひ、今から意識してほしいなぁと思います^^

 

PS.

 

読者の役に立ち、アクセスが集まるブログを作りたいなら、ユーザー目線ライティングがおすすめです。

 

巷に溢れているブログ教材よりもわかりやすく、実際の添削動画もついているため、文章を書くときに迷いがなくなりますよ。

 

気になる人は、ユーザー目線ライティングの詳細だけでも見ておくといいかもしれません。

 

「自分には何が足りないのか?」がわかると思うし、カンのいい人はブログの売り上げUPの対策が思い浮かぶはずですよ^^

 

>>【ユーザー目線ライティング】の詳細はこちら