はじめまして!

ナズナと申します。

 

子供4人(9歳、7歳、4歳双子)のママで、主婦ブロガーやってます。

 

「書きたいことしか書かない!」をモットーに、家事と育児の合間に書いたブログから月10万以上の収入を得ています。(今はついに月収40万を達成しました)

 

こうやって言うと、「THE成功者」とか思われちゃうかもしれませんが、私の人生は失敗だらけ(笑)

 

とくに「子育てしながらお金を稼ぐ」っていうのは、七転八倒どころか、アリ地獄でのた打ち回るような悲惨さ

 

そんな失敗だらけのストーリーを、自己紹介として書いていきたいと思います。

 

深夜バイトや、在宅ワーク業界のぶっちゃけ話も満載!

 

「あの仕事って実際どうなの?」という疑問にもお答えできるかと思いますので、楽しんで読んでいただければと思います。

 

ちょっと長いのが弱点なんですけど・・・

 

最後まで読めば

 

なぜ私が、ハードルが高く脱落者が多いネット副業界で、鼻歌を歌いながら楽しくお金を稼げているのか?

 

がわかるはずですよ^^

 

それではナズナ物語、はじまりはじまり~♪

 

 

お金がなさすぎて自殺まで考えた新婚生活

 

 

22歳。

 

社会人になって、2年目にデキ婚。

 

「地元で有名な学校に通って、一部上場企業に入社したのに・・・」

 

と両親は猛反対でしたが、それを押し切る形で結婚しました。

 

 

会社にも、親にも迷惑をかけてしまった。。。

だから私は幸せにならなければ!

 

 

そう思って迎えた同居生活。

 

私はそこで、夫となる人の重大な秘密を知ってしまったのです。

 

もともと部屋が汚く、生活力がないのは知っていましたが・・・

 

手紙でパンパンの郵便ポストから出てきたのは、督促状。

 

住民税の未払いで「差し押さえますよ!」と書かれた通知でした。

 

顔から血がサーっと抜けていくのを感じました。

 

夫を問い詰めるても「知らなかった」「気付かなかった」と言い張ります。

 

仕方ないので、市役所に行って税金の分割払いを組みました。

 

月2万5千円を1年です。

 

 

これで終わった!と思いきや・・・

 

まだ出てくる。

 

 

使ってないけど解約していない携帯代2年分の督促状も届きます。(新規で契約したときに前の携帯解約してなかった?)

 

自動車税も払ってなくて、滞納していることも判明しました。

 

 

夫の貯金はゼロ。

 

給料が入ってはパチンコにつぎ込み、月末は水だけで飲んで生活しているような人だったことも、同居して初めて知ります。

 

私は自分の車を売り、貯金を切り崩して、新生活にかかる費用と滞納代金を払いました。

 

結婚式の費用も、私が全額払うことに。

 

当時、夫の給料は手取り16万

 

  • 家賃 6万。
  • 税金滞納 2万5千円。
  • 夫の車のローン 3万5千円。
  • ガソリン代・・・など。

 

いろいろと積み重なった結果、月の食費は1万円しか残りませんでした。

 

それすらも、夫が財布からお金を抜いてパチンコに行ってしまう始末・・・

 

 

私は妊婦ですから、すごくお腹が空きます。

 

パンやに「食パンの耳もらえませんか?」と行ってみたり、

スーパーで肉が半額になる時間帯を狙ってみたり。

 

買い物に行くときは飴玉をなめ、食べ物を無駄買いしてしまわないように工夫しました。

 

 

光熱費も節約。

 

風呂は2日に1回しか入らなかったし、冬場も水で食器洗い。

 

最低限の生活を強いられました。

 

 

えっ?こんだけ辛いなら、誰かを頼れば?

 

・・・そうですよね^^;

 

でも、私には頼るアテがなかったんです。

 

実家にこれ以上迷惑をかけたくなかったし、親との折り合いも悪かったので、「ほら見たことか!」と実家に連れ戻されるのはイヤだったんですね。

 

かといって、夫の実家も頼れない。

 

夫は母子家庭で、すでにお義母さんは他の人と新しい家庭を築いていましたし、結婚式への出席も拒否されていました。

 

私は誰も頼れなかったし、逃げ場もなかったんです。

 

 

そんなこんなで、相当せっぱつまっていました。

 

精神も・・・ちょっとおかしくなっていたと思います。

 

道を歩いていたら、知らないおじさんに呼び止められて、「奥さん、人生辛いこともあるけどさ。お腹の子のためにも元気だして!」と言われたこともありましたね(笑)

 

きっと、”この世の終わり”みたいな顔して生きていたんだと思います。

 

 

結婚式の前日。

 

夫が「独身最後の日だだ~!」と友人と飲みに行ってる間、私は一人、部屋で遺書を書いていました。

 

正直、あんな男(失礼w)とこれから何十年も一緒にやっていくなんて不安すぎるし、絶望しかありません。

 

電車で2駅離れたところにある海で、入水自殺しようと考えました。

 

でも・・・

 

お腹の子供を巻き沿いで殺してしまうのは、とても申し訳ない。

 

迷った末、自殺は断念しました。

 

「どんなに辛くても、この子のために生きていこう!」と決心します。

 

 

そうして、無事?に結婚。

 

出産を迎えます。

 

「子供の顔を見れば、夫も改心してくれるかもしれない!」

 

そんな淡い期待を抱きつつ、子供を連れて自宅に戻ってきましたが、夫が変わることはありませんでした。

 

育児を一切せず、ごろごろとテレビ見て、財布から金を抜き取ってパチンコに行く姿はそのまま・・・

 

「もう誰もアテにできない!私がなんとかしなくちゃ!!」

 

子育ても、家計も、全てをしょい込む決意を固めたのでした。

 

小さい子供がいても稼げる仕事、ありませんか?

 

 

産後も、金銭的に厳しい状況は変わらず。

 

食費もないけど、ミルクも買うお金もありません。

 

根性で母乳のみで子供を育て、なんとか生き延びていました。

 

家計簿を見つめては、「1円たりとも無駄な出費をしないように。」と考える毎日。。。

 

生活があまりに苦しいので、【子育てしながらお金を稼ぐ方法】を探り続けました。

 

それはもう、いろいろやりましたよ(笑)↓

 

 

FX(為替取引)に手を出し、たった15分で1万円吹っ飛ばす

 

アフィリエイトに挑戦するも、全く稼げず終了

 

ポイントサイトで、自分でクレジットカードを作ったり、資料請求したりしてお小遣いを稼ぐが、すぐに自分で申し込めるものがなくなる。

 

●「アンケートに答えるだけで稼げる!」というサイトで、1つ1円~10円のアンケートに答えまくる。

 

袋詰めの内職をやるが、2週間で514円しか稼げず。(1日2時間作業だったので時給18円)

 

●早朝にスーパーの品出しバイト。月5万ほど稼げたが妊娠のため退職

 

 

自分にやれること、なんでも手を出してみました。

 

さすがに、求人雑誌の後ろの方に出てる”夜のお店”にはチャレンジできなかったんですけど・・・

 

(時給いいし、託児つきだから真剣に考えたんだけど勇気がなかったww)

 

そうやって、いろいろやってみてわかったのは「なんだかんだで外に働きに出た方が確実に稼げる」ってことでした。

 

ネット副業とか、投資とかは、かなりやり込まないと稼げないですからね^^;

 

なので。

 

第2子を出産後も、落ち着いたらバイトしようと思ってたんですが・・・

 

 

世間って、そう甘くない。

 

 

焼肉店の深夜アルバイトの面接で、私のもくろみは甘かったことを実感します。

 

面接では、

 

「既婚ってことは子供いる?」

「何人いるの?」

「誰が見てくれるの?」

「病気になったらどうするの?」

 

と、かなり高圧的な態度で、子供のことを根ほり葉ほり聞かれました。

 

最後には、「もし子供が病気のときは必ず休んで。シフトは自分で代理の人を立ててね」と言われます。

 

まるで、「雇ってやるから、迷惑かけんなよ?」と言われているかのような感覚でした。

 

 

子供が1人のときには、スムーズに面接に受かっていたのに・・・

 

子どもが増えるとこんなにも働きにくくなるのか!

 

 

衝撃でした。

 

結局、この焼肉店の採用は断り、別のアルバイトを探すことにします。

 

(子供が働くことに理解のないところで働いても肩身狭いだけなので^^;)

 

子持ちOKの深夜バイトで社会の闇を見る

 

 

「小さい子供が2人いても、働かせてくれるところはないだろうか?」

 

探していると、1件だけ良さそうなバイトがありました。

 

  • 深夜10時から2時までで、子どもが寝てる間に働ける
  • 時給1300円
  • シフト自由
  • 突然の休みOK

 

願ったり叶ったりの条件♪

 

さっそく面接を受け、採用になりました。

 

私の他にもママさんが働いているようで、「ここなら思いっきり働ける!」と希望を持ちます。

 

がっ!!

 

またしても私は甘かった

 

 

仕事は宅急便の仕分け作業でした。

 

ベルトコンベアで流れてくる荷物を、宅配エリアごとのカートに載せ替えるだけ。

 

誰でもできる単純作業に思えるのですが・・・

 

これがものすごい重労働!

 

本100冊入ってんのか?ってくらい重い段ボールが流れてきたり、ゴルフバックも流れてきます。

 

それを、4時間ぶっつづけで持ち上げてはカートに載せるわけですよ。

 

男性でも、3日でやめてしまう人もいるほど、過酷な仕事でした。

 

私もトイレでこっそり吐きながら仕事してましたね。。。

 

フツーの人ならやりたがらない作業だったので、辞めずに働いていたのは、私と同じようにワケありの人たちでした。

 

  • 子供が小さくて昼間は働きに出れないママ
  • リストラされた40代50代のおじ様たち
  • 年金が足りなくて生活できないご年配の方
  • 就職できなかった若者
  • 子どもの大学費用のためにWワークするお母さん

 

まさに社会の闇。

 

「平和で豊かで安全な日本」の影にあたる職場と言えるのではないでしょうか。

 

 

そこで、私は気づきいたんです。

 

私って、このままじゃヤバくない?と。

 

だって、ここで働いている人たちは、いわば私の現在と未来の姿なわけです。

 

 

たとえば、大学費用のためにWワークしてるお母さん。

 

これは絶対に私の未来の姿と言えるでしょう。

 

夫は中卒で中小企業勤めですから、年功序列で給料が上がるなんて見込みはありません。

 

そうなったら、学費は私が稼がないといけないわけです。

 

私は、この人みたいに2時間睡眠でダブルワークできる自信なんてありませんが、やらなければいけない時が必ずやってくるのでしょう。

 

 

リストラされてしまったおじ様たちのことも、他人事とはとても思えません。

 

私の夫だって、いつ職がなくなってもおかしくない。

 

そうなったとき、どうしたらいいのか?

 

手立てもありません。

 

 

お金が足りなくて働いているご年配の方たちも、私たちと無関係ではないでしょう。

 

私たちの時代の年金なんて、スズメの涙みたいなものになりそうですから・・・

 

 

とにかく!

 

このままなんとなく生きていくことに、恐ろしいほど危機感を感じたんですね。

 

こう言ったら失礼ですけど、「この職場で働いてる人たちみたいになったらいけない!」と強く思いました。

 

そして、そうならないためには・・・

 

単純作業しかできない自分じゃなくて、何かスキルを身に着けておかないと!

 

という結論に至ります。

 

まぁ、活きのいいことを言っていても、3回目の妊娠で仕事辞めちゃうんですけどね^^;

 

この職場での体験が、のちの私の人生を大きく動かしていくことになるのでした。

 

真っ赤なスーツに教わった「最強の稼ぎ方」

 

 

3回目の妊娠はまさかの双子で、子供の数は一気に4人に増えます。

 

毎日てんやわんや。

 

夜泣き、授乳、ヤンチャなお兄ちゃんたちのお世話で手いっぱいです。

 

お金がないのは相変わらずでしたが、そんなことに悩んでいるヒマもないほど忙しい日々でした。

 

そんなとき、Facebookのコミュニティーで知り合った人から、”あるセミナー”に誘われます。

 

普段だったら、ネットで知り合った人なんかの誘いには載らないのですが、このときは子育てから少しでも解放されたい気分があり、

 

夫に子供たちの世話を頼んで出かけました。

 

 

会場についてから内容を知ったのですが、ビジネスのセミナーだったようです。

 

ド派手な音楽とともに、大富豪だという女性が登壇すると、周りの人たちは歓声を上げました。

 

私は別世界に来てしまったみたいで茫然。。。

 

本当にこの女性が大富豪なのか?はわからないけれど、真っ赤なスーツを着こなしているだけで、特別な人のように思えました。

 

彼女は2時間もの間、ビジネスのことを教えていましたが、私には高度な話出サッパリわかりません。

 

でも。

 

ところどころで言っていた「愛もお金も大事にするという言葉だけは、耳に残りました。

 

彼女が言うには、「仕事をしていても、パートナーを大事にすることは可能だ」と。

 

それが世の中の大半の人ができないのは、「雇われているからだ」と。

 

自分のビジネスを持ちなさい!ということを、セミナーを通して言っていました。

 

 

私にとって、このセミナーで聞いた話は新鮮で衝撃的でした。

 

だって、今まで自分でビジネスを持つなんて考えたこともなかったし、雇われることばかり考えていたから。

 

それに、バリバリ稼いでいる女性というのは、家庭をないがしろにしているものだとばかり思っていたからです。

 

「家族を大事にしながら、お金をバリバリ稼ぐ道があるんだ!」

 

今までにない選択肢を見つけて、私はすっかり興奮します。

 

 

そこで、彼女が示してくれた道を進もうとするんですが・・・

 

な、ないんです!どうしましょう?

 

 

まるで異世界のようだったセミナーが終わり、私は自宅に帰ってから必死で考えました。

 

“私にできるビジネス”ってやつを。

 

ネットで調べると、「自分の趣味や特技をビジネスにするとよい」という情報が目に入りました。

 

なので、「自分の趣味や得意なことってなんだろう?」と考えてみるのですが・・・

 

ないっ!一個もないっ!!!

 

 

人より優れた自分の才能なんて見つからない。

 

今まで生きてきて、なにかに熱中したことさえ、ありませんでした。

 

 

部活は親の顔色を見ながら決めていたし。

 

専門学校に行ったけど、その道は向いてないとわかっただけでした。

 

趣味は読書くらい?

 

けど、多読してるわけじゃなくて、月に1冊読むか読まないかだし。

 

今からやりたいこと?

 

そんなのないない!楽しく稼げたらいいです!

 

・・・なんてことになり。

 

 

「自分は本当に空っぽなんだ」ということに気づかされました。

 

今までの私の人生はなんだったんだろう?

 

虚しくて、悲しくなりました。

 

 

それと同時に、自分にはビジネスなんて無理なんじゃないか?可能性なんてないんじゃないか?

 

と、あきらめたい気持ちも湧いてきました。

 

 

別に私が無理して稼がなくても、節約しまくれば、なんとか生きていけるかもしれない。

 

もしかしたら奇跡が起きて、夫がドーンと稼ぐようになるかもしれない。

 

そもそも、そんなこと考えてないで、私は主婦らしく母親業に専念した方がいいんじゃない・・・?

 

そんな甘いささやきが、頭の中で流れましたし、正しい選択のようにも思えます。

 

 

でも・・・

 

 

私は、「自分のビジネスを持つ」ことを諦めきれませんでした。

 

このまま、空っぽで人生が終わるのはイヤだったんですね。

 

お金が欲しい!っていう気持ちもあるけれど、今の「何にもない自分」から脱出したい。

 

できれば自分のやりたいことをやって、何かをやり遂げる人生にしたい!

 

もちろん、夫と子供のために母親業一本に専念する人生も素晴らしいことだとわかっているけれども・・・

 

できれば自分のやりたいことをやって、何かをやり遂げる人生にしたい!

 

周りのために自分の役割を決めるんじゃなくて、自分で自分の役割を決めたい!

 

--そう思ったんです。

 

 

とはいえ、ビジネスにするものを見つけなくては何も進みません。

 

困った私は・・・

 

50万払って人に聞いてみたww

 

 

何をやっていいのか?わからなかった私。

 

手っ取り早く、「私って何が向いてますか?」と人に聞いてみることにしました。

 

ちょうど、そのときに読んでいたメルマガで、

 

「現役の心理カウンセラーが、あなたに向いてるビジネスを見つけ、稼げるまでフォローします」

 

という講座の案内が来ていました。

 

私にとっては、待ってました!と喜びたくなるくらいタイミングのいいオファーです。

 

現役のカウンセラーさんなら、やりたいことがサッパリわからない私の本心をあぶりだしてくれるんじゃないかと思いました。

 

お値段はなんと・・・50万円!

 

主婦にとっては目玉が飛び出るくらいの料金でしたが、2年ローンを組んで参加。

 

「自分に向いてる仕事が見つかったらドーンと稼げるんじゃないか?」って、謎の思い込みもありました。

 

そうやってルンルンで参加した講座。

 

講師の心理カウンセラーに言われるがままに、自分史(生い立ちから今までの出来事)を書き、「あなたには○○が向いてます!」というお告げを待ちます。

 

 

結果・・・

 

私の適正は「夫婦関係の修復カウンセラー」とのこと。

 

 

自分では思いもよらなかった仕事でした。

 

たしかに私は結婚していますし、やろうと思えばやれる?のかもしれません。

 

が!

 

私は絶対にやりたくなかった。

 

だって、夫婦ケンカの仲裁なんてやりたくないじゃないですか。

 

愚痴も聞くだけなら面白いこともあるかもしれないけど(笑)、夫婦仲を改善するなんて骨が折れます。

 

仲悪いなら別れればいいと思うし。

 

私には無理・・・やる気も起きない・・・

 

なので、指示された道を進みませんでした。

 

 

そうやって講師に逆らったところ、なんと強制退会にっ!

 

2年ローンを組んだ50万は、なんだったんでしょう?

 

悔しいけれど、これはしょうがない。

 

私の人生でも一番の散財ですが、「自分がやりたいことは人に聞いてもわからない」という教訓を得ましたね。

 

これでもうドン詰まりなのか?というと・・・

 

そうだ、ライターやってみよう

 

 

50万の講座は失敗に終わりましたが、ひとつのヒントがありました。

 

「私って文章が得意なのかも?」っていう予感です。

 

実は、講座内で他の塾生たちと関わることがあったのですが、ちょっと文章のアドバイスをしたことがあったんですね。

 

私としては些細なことだし、以前、アフィリエイトのために勉強した知識を話しただけでした。

 

それでも喜んでもらえたし、他の塾生さんたちの文章に比べると・・・

 

なんというか得意な気がしたんです。

 

「ライター」って響きも、カッコいいしね!

 

そんなミーハー精神から、文章の道に進むことにしました。

 

 

さっそく、半年間の文章講座に参加。

 

お金は・・・まぁ、例の通りなんとかしました(笑)

 

講師は女性で面倒見のいいと評判の先生でしたが、なんせスパルタ!!

 

「年収1000万稼いでいる人は、こんなにも文章にこだわるのか!」

 

と感服することばかりでした。

 

容赦ないツッコミ、めった斬り、不意打ち・・・ww

 

受講生は次々と姿を消しましたが、なんとかしがみついて卒業。

 

晴れてライターとしてデビューすることになったのです!!

 

えっ?思ってたのと違うんですけど・・・?

 

 

私がライターになった理由は、「自分ビジネスを持つ」ため。

 

もとい、「愛もお金も大事にする」を実現するためでした。

 

だから、ライターになれば、

 

好きな時間に仕事ができて、仕事量も自分で調節できて、家族のことを優先しながらお金が稼げる!

 

と、思っていたわけですよ。

 

 

でも、現実は違いました。

 

 

まず、ライターの仕事には納期があります。

 

「●月●日までに納品してくださいよ~」という約束が守れなければ、私の信用は地に落ちてしまいます。

 

個人で仕事する人間にとっては、信用が第一。

 

原稿を落とすようなことがあってはなりません。

 

たとえ、子供が嘔吐下痢症でゲーゲー吐いてようが、学校行事で作業時間が削られようが、納期を守らなくてはいけないのです。

 

納期直前に「やっぱりこうして欲しいんだけど・・・」と大幅な変更を言われることもありました。

 

自分の睡眠時間を削ってでも、信用を落とさないことに必死。

 

原稿を仕上げるのに手一杯で、家事や育児はままならなくなりました。

 

 

おもちゃが散乱した部屋。

 

食事はスーパーのお惣菜。

 

「ママ~!」と子供がコッチにくれば、「これ見てて!」とDVDを4時間も見せっぱなしにする始末。

 

平日も土日も、朝も夜も、頭の中は原稿のことでいっぱい。

 

家庭は最悪の状態でした。

 

 

あんなに元気だった子供たちも、病気がちに。

 

以前は半年に一回病気になるくらいの頻度だったのに、4人で入れ違いに病気をもらってきては、全員がかかり・・・

 

1か月のうち3週間は誰かの看病をしている状態になりました。

 

保育園と小学校の先生も心配し、保育時間を減らしたりして対応してみますが、子供たちの病気ループは収まりません。

 

 

この謎の病気ループが続くこと半年・・・

 

ついに私がギブアップ。

 

 

在宅ライターをやめ、保育園と学童保育をやめることを決心します。

 

そのとたん、子供たちの病気がピタッと収まったから不思議なものです。

 

今思えば、「ママ!こっちを見て!」と全身全霊で訴えていたのかもしれません。

 

 

 

家族を大事にしながらお金を稼ぎたかったはずなのに、私はいつのまにか家族を犠牲にしていたんです。

 

私が本当に大切にしたかったのは、パソコン画面の向こうにいるオッサン(依頼主)でも、自分の信用でもなかった。

 

子供たちだった!

 

なのに、子どもが病気すれば「チッ」と心の中で舌打ちし、育児は流れ作業のようにやっていました。

 

朝は起きたらキビキビ動くように怒鳴り散らしていたし、夜の寝かしつけだって「早く寝てよ!」とイライラ。

 

子供をかわいいと思う余裕もなかったし、「私はあなたたちのために頑張ってるのに、なんで邪魔するの!」と怒りをぶつけたこともありました。

 

 

私はそんな母親になりたかったわけじゃない・・・

 

子供たちに読み聞かせをしながら、「今日もいい一日だった」と眠りにつくような生活がしたかったのに・・・

 

本末転倒もいいところなのに、自分では気づけませんでした。

 

母ちゃん、バカでごめんね。。。

 

 

そこまでして得たお金(月2万~8万)も、使い道はストレス発散。

 

精神的にも体力的にも極限まで追い詰められた生活をしていたので、たまの休みにパーッと出かけなくなったり、外食をしてしまったりしてお金が飛んでいってしまったんですね。

 

ホントに何やってんだか・・・orz

 

 

せっかく「ライティング」というスキルを手に入れて自分ビジネスをやってみたけれども、私が目指していた【愛もお金も手に入れる】なんて世界とは、ほど遠い現実でした。

 

愛もお金も大事にできて、私にもできるビジネスありました

 

 

スキルを身に着けて、在宅で仕事ができるようになったとしても、『愛もお金も大事に』なんてできない・・・

 

それがわかったので、別の道を考えはじめました。

 

思いついたのが、ブログアフィリエイト

 

在宅ライターをしていたときに依頼されて書いていたのが、まさにそれだったんですね。

 

お役立ち記事を書いて、広告収入を得る。

 

シンプルなビジネスだし、私でもできそうでした。

 

がっ!

 

実際に収入を得るのは、簡単なことではありません。

 

検索エンジンンで上位表示されるための専門知識が必要だったり、絶え間なく記事を書くスタミナも必要です。

 

企業は大金をかけて、腕のいいライターに記事を書かせています。

 

それにも勝たなくてはいけません。

 

「ネット副業で月5000円も稼げていない人が80%」なんて話も知っていました。

 

 

ましてや、

 

 

ネットでお金を稼ぐには、「努力と忍耐で書きたくない事でも書き続ける」のがセオリーなのに、

 

私は「書きたいことしか書かない」と決めていました。

 

 

タブーとされている方法でしたが、在宅ライターをしているときに、書きたくないことを書くのはストレスだったんすね。

 

自分を犠牲にするのは、もうコリゴリでした。

 

 

そんな感じで始めたブログアフィリエイト・・・

 

 

もちろん、スムーズにはいきませんでしたよ(笑)

 

 

書いても書いても、ひと月の報酬が0円~30円なんて辛い時期もありました。

 

はじめてから4か月はそんな状態だったかな?

 

それでも、前の世界には戻りたくなかった。

 

 

自分も家族も犠牲にして頑張って働いても、何にもいいことない・・・

 

そんな状況からは脱出したかったんですね。

 

 

「どうせ子供が小さいうちは働けないんだから」と割り切ってブログを書き続けること半年。

 

やっと月1万になりました。

 

 

そして、ブログをスタートしてから1年と2か月――

 

月収は10万円になっていました。

 

主婦が子育てをしながら得る収入としては十分なラインでしょう。

 

「これでパートに出なくていいんだ!!」と思うと、嬉しくてたまらなかったです。

 

深夜アルバイトをやっていたときや、在宅ライターをやっていたときに比べると、精神的にも体力的にもラク。

 

 

「仕事しなくちゃ!」と自分を追い込むこともありません。

 

書きたいから、書きたいときに書く。

 

自分が嫌だと思ったことや、間違ってると思ったことはやらなくていい。

 

在宅ライターをやっていたときは、オデコにびっしり真っ赤なニキビができて治らなかったこともあったんですが、今は前より肌がキレイになったと感じます。

 

ストレスは美容に大敵ってホントだったんですね(笑)

 

 

子供たちとのんびり散歩に行ったりする余裕もできました。

 

「前はどうしてあんなに子供が可愛くなかったんだろう?」と不思議なくらい、愛情も湧いてきます。

 

しばらくストップしていた、本の読み聞かせも再開。

 

朝、子供たちが起きたときに笑顔で「おはよう!」と言えるのが、私にとっての最大の幸せです。

 

 

「稼げるようになったら離婚してやるからな!」と思っていた旦那との仲も・・・良好(笑)

 

「お金の不安が夫婦仲を悪くする」なんて研究結果もあるみたいですが、やっぱりそうなのかもしれません

 

面白いことに「パチンコ行ってきなよ!」と言うと、行かないんですよね。

 

土日にご飯を作ってくれたり、私が出かけるときに子供を見てくれたり。

 

今は、本当にステキな旦那さまだと思います。

 

 

私の人生は大きく変わりました。

 

 

自分が好きなときに、好きなことを書くだけでお金がいただける。

 

お金のために、自分も家族も犠牲にして仕事をしなくたっていい。

 

ブログアフィリエイトのおかげで、【愛もお金も大事にする】という理想を実現することができるようになり、今に至ります。

 

母親こそ自力で稼ぐチカラを

 

 

私がこのブログを書いているのは、【ブログアフィリエイト】という稼ぎ方を、もっと多くの人に知ってほしいからです。

 

とくに、「子育てしながら働くこと」に壁を感じているママさんに知ってほしい。

 

低賃金化が進み、旦那さんのお給料がなかなかアップしない中、子持ち女性を歓迎してくれる職場はまだまだ少ないです。

 

ましてや。

 

「子持ち」という弱みに付け込んで、誰もやりたがらない辛い仕事を、安い報酬でさせようとする流れもあります。

 

それは実際に私が、深夜アルバイトで感じたことでもあるし、在宅ワーク業界を見て思ったことです。

 

クラウドワークスやシュフ―といった、クラウドソーシングサイト(ネットの仕事掲示板)でも、恐ろしく安い金額で労力が買いたたかれています。

 

「1時間~2時間かかる作業を、200円で依頼される」っていう業界。

 

本当におかしいですよね。

 

フツーなら誰もやらないじゃないですか。

 

でも。

 

在宅ワークって、私みたいに子供が小さくて働けないとか、そういう人が仕方なくやっていることが多いです。

 

だから、どんなに割に合わなくてもやるしかない。

 

時給100円なんてふざけた募集でも、やる人がいるんです。

 

そうやって買い叩きが起きているのを目にしてきたし、自分も在宅ライターをやっていたときに「この仕事で報酬がこれだけ!?」とビックリしたこともありました。

 

だからこそ!

 

完全に雇われない選択肢である『ブログアフィリエイト』を知ってほしい。

 

ぶっちゃけた話、子持ちという弱みを理由に労働力を買い叩いてくる人たちに対抗するには、「自分で稼ぐ力」がどうしても必要です。

 

「自分で稼ぐ力」がなければ、安い労力で使い捨てのように雇われる世界で生きていくしか選択肢がありません。

 

 

私は、弱みを理由に労力を買い叩かれる人を減らしたい。

 

私自身がそうだったから。

 

その辛さをよくよく知っているから。

 

お金を対価に、自分と家族を犠牲にするなんて世界・・・おかしいです。

 

 

でも、ただ【稼ぐチカラ】を身に着けてもダメ。

 

人はやりたくないことやってたら、心が死んでしまいます。

 

イライラして、過去の私みたいに「大事にしたかったはずの人」を傷つけてしまう。

 

だから、“楽しいことで”自分でお金を稼ぐチカラ】を手に入れることが大事だと思うんです。

 

母親って、家族の中での立場は縁の下の力持ちで、「自分を優先してはいけない」ように感じてる人も多いんでしょう。

 

家族のことを一番に考えて当たり前。

辛くて苦しくて当たり前。

 

そんな風に、自分も周りも思い込んでるかもしれないけど、私は母親こそ好きなことやって楽しく生きるべきだと思います。

 

だって、

 

ママが我慢して生きてたら、家庭が暗くなるっ!!!

 

これは私が身を持って体験したことですが、

 

母親が「私はみんなのためにこんなに頑張ってるのに!」って我慢してイライラしてたら、子供たちはママを気にして安心できないし、パパにもイライラが伝染します。

 

我が家は本当にひどい有様でした。

 

でも逆に・・・

 

ママがストレスなくお金を稼いで、精神的にも経済的にも満たされる状態だったら、子供もパパものびのび楽しく生きることができます。

 

悲惨だった我が家も、いい方向にコロッと変わりましたよ。

 

私は世の中のお母さんたちが【楽しく自分で稼ぐチカラ】を身に着けることで、笑顔あふれる家庭が増えてくれるといいなぁと思います^^

 

そのために、「ブログアフィリエイト」という一つの道があることを知ってほしい。

 

自分も家族も犠牲にせず、稼ぐ方法があることを知って欲しい。

 

私のブログがきっかけで、あなたの人生の選択肢が広がってくれたなら、こんなに嬉しいことはありません。

 

好きなこと書いてブログで稼ぐ方法とは?

 

 

私のブログスタイルは、ちょっと変わっているかもしれません。

 

アフィリエイト(ブログで広告収入を得る稼ぎ方)では、

 

  • 芸濃人のウワサ話といった旬な話題を書く
  • クリスマスやひな祭りなど季節ネタを書く
  • 商品を買いそうな「今すぐ客」をターゲットに書く

 

ということを教えられます。

 

私が過去に買った教材や、稼いでいる人たちの主張はそうでした。

 

【好きなことを自由に書いても稼げない】からです。

 

 

だって、

 

「今日私はこんなことをしました~」とか

「最近のお気に入りはコレです」とか

 

そんな日記記事なんて、誰も読みたくありませんよね。

 

 

ブログで収益を得るのでれば、読む人が多い記事(アクセスが多い)や、商品を買わせる記事(紹介報酬がもらえる)でなければいけません。

 

なので、みんなが興味あるネタ・購入意欲が高い人を集めるネタをブログに書くのが、セオリーなんですね。

 

 

でも、私は「好きなことを書く」というスタイルです。

 

書きたくないことを書くなんて苦痛でしかないし、在宅ライター時代にストレスを感じていたので。

 

 

「ブログは楽しくなきゃ意味がないっしょ!!」と思ってます。

 

 

ただ・・・

 

好きなことを書いて収入を得るには、コツがありました

 

 

日記を書いてもしょうがないので、「自分の興味あること」「経験したこと」を読者さんのためにわかりやすく説明する必要があります。

 

ネタはどんな些細なことでもよくて。

 

私の場合、育児で悩んだことや、マイホーム購入体験を書いたりして収入を得ています。

 

断食に挑戦したときの記録を書いたブログもありますね。

 

そんな感じで体験したことを価値に変えるのですが、

 

自分ではなんてないことを書いているつもりなのに、読者さんの役に立ったり、知らない間に広告収入が入っていたりします。

 

実際に体験したことを書いた記事は、検索エンジンからの評価も高く、アクセスも集まりやすい。

 

インターネットの専門知識がなくても、他のブログに勝てる確率が高いのです。

 

 

そうやって得たお金を、さらにやりたいことに使っていけば・・・

 

もっと大きな体験をすることも可能。

 

 

私はママという立場でも、やってみたいこと・経験したいことがたくさんあるのですが、

 

ブログで得た収入は、勉強資金にしたり、サプリを試したり、健康セミナーに参加したりすることに回しています。

 

そして、そこで得た知識や経験をブログに書くことで、さらに収益を伸ばすようにしているんですね。

 

 

やりたいこと・好きなことしかやってないのに、収入が雪だるま式に増えていく。

 

そんな感じです。

 

 

ネット副業の世界では「続かないこと」が一番のカベですが、好きなこと・やりたいことならずーっと続けられます。

 

「好きこそ、モノの上手なれ!」と言うように、これほど成功率が高いネット副業は他にはないと思っています

 

 

このブログでは、好きなことを書いて稼ぐコツやブログ運営方法を書いていきます。

 

「どれどれ、ちょっと見てやるか!」

 

そんな軽い気持ちでブログアフィリエイトのことを知っていただければ、嬉しいです♪

 

 

ナズナ