「サグーワークスのプラチナテストに合格すると高単価の仕事ができる!」

って聞いたので、さっそくプラチナテストに応募してみました。

 

これで月収5万円稼げるようになったら嬉しいなぁ~

 

そんな軽い気持ちで受けたんですが・・・

 

不合格!!

 

何歳になっても「不合格」ってダメージが大きいものです。

かなり凹みました。

 

でも、「負けず嫌い」が私のウリですので、次回のテストに向けて反省をしていきたいと思います。


スポンサードリンク



なぜ不合格になったか?

ぶっちゃけて言えば、そこそこの自信がありました。

1000文字のトライアルテストに対して、5時間かけて書き、見直しもキッチリしたんです。

 

なにより・・・私、80万も書けて1年間文章の講座を受けてたんです。。。。

他のライターテストでも落ちたことがなかったんで、衝撃は大きかったです><;

 

まぁ、ただの思い上がりなんですが。

「調子こいてマジですみません!」とサグーワークスの運営者さんに謝りたい気分です。

 

 

サグーワークス運営者さんによると・・・

 

ありがたいことに、プラチナテストの合否結果に合わせて、不合格理由も添えてくれました。

 

それによると・・・

 

・「コラム形式で」というオーダーなのに、コラム形式になってない。自分の意見を入れすぎ。

・表記ゆれがある。(お母さん、お母さま、母親と表記がバラバラ)

・記事の題材がブレブレ。一本筋が通ってない

(※不合格理由の転載は禁止とのことで、要約してあります)

 

 

う~~~ん・・・・

 

まず、コラム形式がわかりません!!

 

一応、テスト前に「コラムの書き方」を調べて書いたんですが、それではだめだったようです。

 

事実と一緒に自分の意見も述べるみたいな形だったと思うのですが・・・サグーワークスのテストはこれだけでは通過できないみたいです。

 

 

求められた文章のテイストに沿って、かき分けができるか?

は、テストで見られている内容のようですね。

 

「話の一本筋が通ってない」というツッコミは個人的にショックでした。

結構気を付けてたつもりだったからです。

 

たしかに、課題に入れ込むキーワードが設定されてて、自分が好きなように話の流れを作れなかったのはありましたが。

ココをつっこまれるのは結構イタイです><;

 

ひとつひとつを、テスト判定結果を出した人に細かく聞きたい気分です。

正直、次回受けても受かる気がしない。。。。


スポンサードリンク



やっぱりプラチナはハードルが高い!

 

実は、ネットで「プラチナテスト 不合格」って検索したら、結構な人が落ちてました。

やっぱり、WEBライターの世界でも、プラチナテストの合格率の低さは有名みたいですね。

 

改めて思いあがって受験したことに恥ずかしさが芽生えます!

 

実際、プラチナライターさんの実力はスゴイ方たちだと思います。

 

たとえば、サグーワークスでずっと収入1位を取り続けてる「うめんこ」さん・・・

 

インタビューで答えてましたけど、この方、朝から晩まで文章漬けの毎日を送っているらしいです。

 

しかも仕事がめっちゃ速い。

1ヵ月に投稿してる数が余裕で150超え。月収50万円。

 

本まで出版していらっしゃる実力派。。。

 

>>プラチナライターたちのインタビュー<<

 

プラチナライターって、こんな化け物みたいな人たちばかりなんでしょうね。

 

私もなれるのか・・・・というと自信がありません。

子供がいる分、作業時間も削られてしまうし。ついていけるかどうか。。。。

 

でも、4人の子供たちを育てるためにも、頑張らなくてはなりません!

 

 

やっぱり再チャレンジするでしょ!?

 

合否通知によると、「あと10投稿ほどしてから、再度チャレンジしてください」と書いてあったので出直そうと思います。

 

たぶんこれは、「お前の実力なら少し慣れればできるぞ!」という意味ではなく、ただの社交辞令だと思うんですが(笑)

素直に他の案件で経験を積んでから、再度チャレンジしようと思います。

 

まずは、グレードをゴールドに上げることから!

 

レギュラーの仕事ですら難しいと感じてる時点で、プラチナライターまでの道のりは遠いですね~。

少しずつ階段を上っていこうと思います!


スポンサードリンク