わかりやすい文章の書き方!自信のない人こそ注目すべき3つの秘訣

 

「自分の文章に自信が持てない・・・」

 

あなたは、そんな悩みを持っていませんか?

 

そして、ネットや本で文章の書き方を調べては、「何から手をつけていいのか」わからなくて途方にくれていませんか?

 

もしそうなら、

 

まずは「わかりやすい文章を書くこと」に力を注ぐことをオススメします。

 

なぜなら、文章の本来の役割は「情報を伝えること」だからです。

 

いくら小説のような上手い文章を書けたとしても、言いたいことが伝わらなければ、意味がありません。

 

読み手にしっかり情報が伝わる。

 

そんな「わかりやすい文章」を書けるようになることが先決です。

 

難しい文章テクニックは、その後で覚えればいいこと。

 

とはいえ、

 

わかりやすい文章のルールは、挙げればキリがないほどたくさんあります。

 

「わかりやすい文章の書き方」ってタイトルの本が何冊も出てるくらいですからね^^;

 

そこで、この記事では、「これだけ守れば、わかりやすい文章が書ける!」という超重要ポイントを3つだけ、厳選してお伝えしますね。

 

わかりやすい文章の書き方3つの秘訣

 

わかりやすい文章を書く秘訣は、以下の3つです。

 

 

 

  1. 1つに1メッセージ
  2. 「要点⇒詳細」の順で伝える
  3. 読み手のことを考える

 

 

では、順番に詳しく説明していきますね。

 

1つに1メッセージ

 

わかりにくい文章でよくあるパターンが、「情報のつめこみすぎ」です。

 

1文の中に伝えたいことを盛り込みすぎてしまうと、読み手の頭の中に情報がスッと入っていきません。

 

下記の例文を読んでみてください。

 

 

A子がB君の告白を目撃してしまったのは、めったに人が来ない体育倉庫の前で、体育係で用具を出しに来たときにたまたま聞いてしまい、B君のことが好きだったA子にとってはショックが大きく、教室に戻ることができなかった。

 

なんとなく言いたいことはわかるけれども、少しモヤッとしませんか?

 

この例文のように、

 

一文の中にたくさんの情報を詰めこんでしまうと、読み手が消化不良を起こしてしまいます。

 

「なんとなくわかるけど、よくわからない」っていう状況に陥ってしまうんですね。

 

「1文1メッセージ」になるように文章を分割すると、理解しやすくなります↓」

 

 

A子がB君の告白を目撃してしまったのは、めったに人が来ない体育倉庫の前だった。

体育係で用具を出しに来たときに、たまたま聞いてしまったのだ。

B君のことが好きだったA子にとって、ショックは大きい。

A子はその後、教室に戻ることができなかった。

 

 

最初の例と比べて、A子の置かれた状況が読み取りやすくなりましたよね?

 

これと同じように、

 

  • 1段落1メッセージ
  • 1見出し1メッセージ
  • 1文章1メッセージ

 

を心がけましょう。

 

情報のつめこみを防ぐことができるので、シンプルでわかりやすい文章になりますよ。

 

「1つに1メッセージ」と覚えておいてくださいね。

 

「要点⇒詳細」の順で伝える

 

もう1つ、

わかりにくい文章でよくあるのが、「いったい何が言いたんだろう?」と、読み手に思わせてしまうパターン。

 

次の例文を読んでみてください。

 

 

はじめに、書きたいことを箇条書きにします。

次に、箇条書きの内容を一つ一つ文章にしていきます。

最後に、関係ない話や回りくどい表現を削ります。

これが、スッキリとムダのない文章を書くポイントです。

 

 

途中まで、何の説明かわからないですよね?

 

この文章は、「詳細⇒要点」の順番で書かれています。

 

そのため、最後まで読まないと、何の話か?わからないようになっているのです。

 

これでは、初めて読む人が内容を理解するのは難しいですよね^^;

 

詳細を語る前には、「これから、こんな話をしますよ!」と、予告してあげる(要点を述べる)ことが大切です。

 

 

スッキリとムダのない文章を書くポイントは、以下の3つです。

 

はじめに、書きたいことを箇条書きにします。

次に、箇条書きの内容を一つ一つ文章にしていきます。

最後に、関係ない話や回りくどい表現を削ります。

 

これが、スッキリとムダのない文章を書くポイントです。

 

 

書いてある内容は同じでも、「要点⇒詳細」の順に書くだけで、グッとわかりやすい文章になりましたよね?^^

 

「要点⇒詳細」は、文章の基本テクニックです。

 

  • 主張を先に、根拠はあとで
  • 結論を先に、理由はあとで
  • 結果を先に、原因はあとで

 

この法則を心がけてみてください。

 

少し気をつけるだけでも、文章が劇的にわかりやすくなりますよ。

 

読み手のことを考える

 

あなたが書いた文章を読むのは、他人です。

 

他人はあなたほど、内容に詳しくありません。

 

なので、

 

「あなたにとって、わかりやすい」文章だとしても、「他人にとっては難しい」文章

 

ということも、十分に起こりえます。

 

「この書き方で、本当に読み手に伝わるだろうか?」と自問自答するクセをつけましょう。

 

そうすれば、「どうしたら、わかりやすい文章になるのか?」が自然とわかるようになってきます。

 

「難しい専門用語は使わない方がいいかな?」

「ここにデータを入れたら納得しやすいかな?」

「たとえ話を入れたら、わかりやすいかな?」

「要点がわかりづらいから、箇条書きにしてみようかな?」

 

そんな“ちょっとした気遣い”が、わかりやすさを左右するのです。

 

今日から文章を書くときは、「読み手への気遣い」を意識してみてくださいね。

 

きっと、今までの書き方と変わってくるはずですよ。

 

 

文章力に自信がない人は、まず「わかりやすい書き方」を身につけよう

 

文章の本来の役割は、「情報を伝えること」です。

 

なので、

 

はじめに身につけるべきスキルは、読み手に情報がしっかり伝わる「わかりやすい文章の書き方」です。

 

わかりやすい文章を書く秘訣は、以下の3つ。

 

  1. 1つに1メッセージ
  2. 「要点⇒詳細」の順で伝える
  3. 読み手のことを考える

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば自然とできるようになります。

 

どんな知識も、実践しなければ身につきません。

 

人にスッと伝わる文章を自由自在に書けるようになるために・・・

 

ぜひ、この記事に書いてあることを実践してみてくださいね。